生活情報デザイン専攻の
就職・資格

ジェネリックスキルを活かし、幅広い分野に就職。

生活情報デザイン専攻の学びは、想像以上に多種多様な進路につながっています。
自分次第で将来の可能性は無限に広がります。

就職活動における生活情報デザイン専攻の特徴

自らのキャリアを形成
短大の学びは就職するためだけのものではありません。社会では、自らの能力を高め、常に成長する姿勢が求められます。生活情報デザイン専攻では、自ら学び考え、キャリアアップしていくために行動する力を身につけます。
人気の事務職への就職
事務職は昔から女子に人気の花形職業。特に女子短大出身の事務職は社会から高い評価を得てきました。近年、ICTの進化や社会構造の変化に伴い、事務職に求められる能力は幅広くなっています。生活情報デザイン専攻で身につけるパソコンのスキルやビジネスの知識、高いコミュニケーション力や新たな価値を生み出す創造力は事務職に就職するうえでの力になります。
気配り・心配りを活かして人とかかわる仕事に
これからどれだけAIが発達しても、人とかかわる仕事がなくなることはありません。生活情報デザイン専攻では、課題解決型学習やプロジェクト型学習を通して多種多様な人々とかかわりながら仕事を進めていく能力を身につけます。「秘書概論」など、気配りや心配りを学ぶ授業もあります。
デザイン表現力を活かした就職
誰もが情報を発信できる現代社会では、いかに情報を相手にわかりやすく魅力的に見せられるか=デザイン表現力が求められます。印刷会社などのグラフィックデザイナーだけでなく、商品や広告・広報の企画や販売促進、商品開発や売り場のディスプレイといったものから企業ブランディングまでデザイン表現力を活かせるクリエイティブな職業は多種多様です。
今は存在しない仕事に就く可能性
Society 5.0社会では、今は存在しない仕事が数多く生まれると言われています。また、これまでの終身雇用や年功序列型の働き方から、それぞれの能力を活かした多様な働き方に変化することが予想されます。生活情報デザイン専攻の学びは、これからの新しい時代を生きるベースとなる力を育みます。

取得可能な免許・資格

卒業時に取得できる資格。

  • 情報処理士
  • ビジネス実務士

取得を支援する資格要試験授業の内容が対応 

在学中もしくは卒業後、試験に合格することで取得できます。

  • Microsoft Office Specialist
    (MOS)
  • 日商簿記検定
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(英検)
  • 秘書検定
  • 日商PC検定(文書作成)
  • 色彩検定
  • インテリアコーディネーター
  • 医療事務
  • 販売士
  • ITパスポート

主な就職先

活躍の場は多岐に渡ります。

  • 公務員・企業の事務や企画部門
  • 銀行・保険・証券
  • 情報・通信
  • 流通・販売・サービス
  • 医療・福祉
  • インテリアコーディネーター
  • 各専門分野のデザイナー
    (デザイン事務所・印刷会社など)
  • 営業
  • ホテル、観光、ブライダル
  • 商品企画・販促・イベント など

主な就職先(2019年度~2021年度 卒業生)ページ

VOICE

仁短で身につけたふたつの力を活かして、成長し続けていきたいです。

たなかさん(2019年卒業) ユニフォームネクスト株式会社 勤務

自社のネットショップで取り扱っているユニフォームの中から、人気商品やおすすめ商品を厳選して紹介するカタログのデザインを担当しています。カタログ制作はひとりではできないチーム作業。企画からページ構成、デザインまで一貫して行うため、常にチーム内のスタッフと連携して取り組んでいます。また、カタログ制作以外にもSNSの運用や他の部署から依頼された広告物の制作など、さまざまな業務に携わる機会があります。どの業務においても大切にしているのは「お客さまの立場になって考える」こと。「お客さまはユニフォームに関してどんな悩みを抱えているのか?」「どんな見せ方なら目に留まりやすいのか?」といったことについて、自分なりにとことん考えてつくった制作物に対し良い反響があると、大きなやりがいを感じます。これからも、仁短で身につけたデザイン表現力とコミュニケーション力を活かし、成長し続けていきたいと思います。

Profile

アパレルショップやファッションブランドなどアパレル業界への就職をめざして就職活動をする中で、個人向けのファッションとは違う観点からアパレルにかかわることのできる「ユニフォームネクスト」に興味を持ち入社。若いスタッフも多く、年齢に関係なく新しいことにチャレンジできる社風を追い風に、活躍の幅を広げるべくWebデザインやマーケティングについても勉強中。

生活情報デザイン専攻トップに戻る